上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    死体があった。人が死んでいくところもたくさん見た。でも全部、画面の中だった。
    ぼくには死体の耳を削ぎたい人の気持ちはわからなかった。あと、猫を、小さな猫を
    ぐちゃぐちゃになるまで踏むときの気持ちもわからない。
    生きたまま火をつけられても人間は、なかなか死なないということがわかった。
    でも、死ぬのを見てると、生きていて何を苦しいとか悲しいとか言っていいのか
    わからなくなった。いつも苦しんで、悪いことしてるような気分がする。どんなにひどいことがあっても
    体が生きたまま引きちぎられたり、えぐられたり、燃やされたり、
    潰されたり、人に、そうなることを望まれて、喜ばれて、犯されたりしてバラバラになって
    死んでいった人には、敵わないって気になるんだ。だって、罵られたり、殴られたり、埋められたり、
    嘲りを受けたり、そんなことは、いつものことだったけど、肉を死ぬほど抉られたりしたことはなかった。
    だから生きていて、やけども少しだけだったし、体も動いた。
    ぼくは、あんなこともうなくなればいいのにとおもう。
    でも皮がめくれて肉がむき出しになるような人がいないと、ここの仕組みはだめなのかもしれない。
    どうしてここに生きててこんな考えがしみついてしまったのかわからない。
    あれもこれも殴り殺して、肉をひきちぎってなんていうことを、いつかはずっと
    ここにいつづければするようになるのか。 肉を食べたいっておもう。でも
    かわいいっておもうものもたくさんいる。
    痛い目に遭わせたくない。肉が食べたい。
    痛い目に遭わせたくない。肉が食べたい。
    そこでぼくは屍肉を食べるんだ。滅多に巡り合わない、何かで死んでしまった何かの肉。
    その大事な肉を横取りしようとした別の人間を、釘の出た棒で潰れるまで何度も殴って殺して
    やっぱり食べたりするんだろうか。
    この、今いるところが、生温いだけなの?
    ぼくはこんなこともうなくなればいいのにとおもう。

    ■ Comment

    お久しぶりです。元気でしたか。
    テンプレート変えたんですね。すっきり感が増しましたね。
    パソコンを随分離れていました。疲れて向き合えず。
    その間にも色々ありました。なんだか色々と難しいです。

    エグい場面は苦手です。怖いです。
    最近も怖い動画を見てしまって夜はトイレに行けません。
    だけど、ふり返れば自分は肉も魚も野菜も食べていて、
    それはなんとも思わないのも変な話です。
    あ、話の論点がズレていますかね。
    なんというか、
    人はやっぱり食物連鎖からはみ出ている。
    人も、食ったり食われたりしなければ、
    サイクルを乱すだけだなあ、って。
    人だけが特別扱いされるのは違う気がする。
    まあ、人以外にもそれからはみ出ている生きものはいるけど、
    それは人が故意にそういうふうに作っているからだろうな。
    ああ、ここもやっぱり難しい。

    柿の写真、いいですね。味がある。

    お久しぶりだね。調子が悪くなったんだろうとおもってました。
    自分でテンプレートいじってみたよ。

    自分の気持ちの話しかできないから、一般的にどういうことが正しいとおもうかについては何も言えないけど、本物の人が死んでいく様子とかを見てると、実際に自分がそうなったら、どういう気持ちになるんだろうっていうことを考えはじめるんだ。そういうときの話。

    写真ほめてくれてありがとう。ちなみにあの柿の味は渋いらしいよ。

    ((少し別だけどこど(猫)とかの事自分もお前が居るから自身の死がおぞましいとしてもと後に1瞬かすめた))

    ほんとに辛いけど、自分が猫より先に死ななかったことは、猫を置き去りにして死ぬよりはよかったとおもいますね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: タイトルなし

    動物は好きです。動物とは、いろんなことがありました。
    やさしいかどうかを自分では決めきれないんですけど、
    動物と一緒にいると、落ち着いた気持ちがします。
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。