上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    あの日もこんな音がしてる日だった。
    外に出て、雨に打たれて歌ってた。
    どっちかというと傘をさすより、雨をかぶっているのが好きだった。
    いろんな人が通り過ぎたけど、何も気にしていなかった。
    完全に子供だったから、芸術家のこころを持ってた。その頃は持ってた。
    ずっと踊りながら歌った。傘は
    雨をきれいにみせるための道具だった。
    傘に当たってるときの雨の音はいい音だった。
    勝手につくった歌をうたいながらそこら辺を歩いた。
    いったりきたりしてうろついた。
    家をなくすのがこわいから、家から離れすぎないように気をつけた。
    ここの気持ちは大人になるたびに大きくなった。
    歌っているときには忘れてた。
    叱られて外に出たのを忘れてた。
    もう帰って来るなと母さんが言ったのも忘れてた。
    母さんが髪を引っ張って痛いから泣いたのも忘れてた。
    何もかも忘れてたけど玄関に来たら思い出した。
    なんて言えば家に入れるのかわからなかった。
    ここにいる間に見つかったら、なんて言えば許してもらえるかと考えた。
    けど全然わからなかった。
    叱られた理由もわからなかった。

    ■ Comment

    一期さん、お元気でしたか?
    と、いきなり言われても怖いですよね。8年くらい前かな、HPをやっていたころ、とても仲良くしていただいた者です。
    あのころもHNは〝優〟じゃなかったかな?憶えていないや。
    実は前々から、お名前で検索をかけて、たまにこちらのブログに顔を出していました。だから、またこうしてコメントを残すのは心臓に悪いのですが、それでも書いています。
    背景が変わるのですね、綺麗です。
    あのころと変わらず、一期さんが詩を書いていてくれたことが単純にうれしくて。なんだか感動しています。変ですか、変ですね。
    私も、詩みたいなものを書いています。今はブログはお休み中ですが、いずれ世に出す準備はしています。
    とにもかくにも、こうしてまたコメントを書けたこと、
    何より、再会できたことをうれしく思っています。
    あー、あとは一期さんが憶えていてくれれば幸いなのですが……

    また来ます。
    詩に感想書いていないので(汗)

    知ってる人だということは、知ってる人なんだな。しらない人には影も形もないんだから。昔知ってたって今頃もはや影も形もないんだろうしね。
    しかも8年前と言ったらまだ性格が優しかったときだな。
    まだ大丈夫だったとき。もう大丈夫じゃないんだ。
    優だったとおもうよ。今も前も関わってる人とかが極少数だからちょっと考えたらぼんやり思い出して来る。
    あー、でも、途中にトラウマがいっぱいはさまってちょっとぼんやりになってる。ごめん。
    それにしても、まあよく、話しかけてくれました。なかなか話しかけるのに勇気が要ったでしょう。
    その勇気を称えます。
    いや、これ、詩というのかね。もう誰も見てなくても残しとこうとおもって書いてるだけだから自分でも何の文章なのか、わからなくなってる。
    いいな。まだ元気いっぱいだな。頑張って世に出るんだよ。ここの人はもう駄目だ(x▽x)
    話しかけてくれる人がいると、この世の終わりかとおもうくらいうれしいよ。

    プラス、私も8年で随分変わりました。
    あのころのような包容さは皆無になってしまいました。
    優しかったことがなつかしいです。
    書くとびっくりでしょうが、殺意とか何気なく湧いてきて、
    けっこうヤバいやつです。病気だからかな。
    あ、これ、慰めとか関係ないですよ。真面目な話です。はは。
    ただ、8年という歳月は人を変えさせるのに充分だよ、と。
    なので、謝らないで下さい。

    最初は、一期さんの書くものが様変わりしていて、
    少しだけ驚きましたが、それはお互いさまですから。
    でも、今のほうが吐き出せている感じがします。
    吐き出せることって大切ですよ。

    私もね、そういうわけで元気じゃないです(笑)
    ただ、必死にしがみついているだけ。前向きさとか無縁です。
    というか、ここで愚痴ってどうする、私。

    次こそ、感想書きます。
    取り急ぎ……

    Re: タイトルなし

    なんだよ、急にキレて殺しにきたりしたら怖いよ!
    できれば殺されるより自殺して死にたいほうの人なんだから殺さないでおくれ。
    というのは冗談で、何にしろ病気になると、苦しくておかしなことになるね。
    自分でコントロールしてるつもりでも全然できてないから。
    今思い返すと全然できてねーから!ってツッコミ入れたくなるわ。

    あのまま、馬鹿みたいに良い子さんぶって何も知らずに生きてればよかった
    と思う気持ちと、本当の自分を見つけようとしたらいずれはこうなるしかなかったんだ
    という気持ちと、半分半分。

    様変わりかー。
    そういえばたしかどっかで一期さんがキレてる!みたいなコメントを書いてる人がいるのを見た。
    うれしかった。
    自分ではわざとらしさを取り払って、正直にやってみたいとおもってただけだけど
    それが外から見るとキレてるように見えるんだなーとおもってなんでかわからないけどうれしかった。

    なんか一時期酷い自己嫌悪が来てそれからこうなったとおもう。
    人の詩にたまにしか感動しなくなったのもその時期くらいからだとおもう。
    妙に真面目くさってるのがばからしくなったというのが一番近いのかな。
    いや、真面目なんだけど、自分を良く見せようとするのには嫌気がさしてこんな風になった。
    でもさらに大変なことがあってね、
    世間って、正直はいいことだっていうけど
    実際正直なやつがいたら馬鹿にするし、やっつけようとするよね。
    そういうわけで、いろんな人にやっつけられて、死ねないからここまで逃げてきた。

    愚痴は書けるとこにはいっぱい書けばいいとおもう。
    だいたい自分が愚痴っぽい性格なのに人のこととやかく言う権利もない(笑)
    変な前向きさとか、あとできつくなるくらいだったらいらないとおもってる。
    前向きでいようとおもいすぎて死んでしまう人もいるからね。
    いろいろあったみたいなのに、生きてこうして話しかけてきてくれてるんだから
    うれしいことだよ。
    もう一個のコメントへの返事は、明日書くことにする。
    人からコメントが来るとうれしくて、返事を書くのに小一時間は考えてしまうんだ。
    でもこれはほんとうに楽しい時間だな。
    適当なコメントに返事するときはこんなことしないけど。

    こんばんは、すみません連投です……
    つい返信したくなって書いています。ヘタな荒らしではないですよ!
    というか、いきなり殺しには行きませんって。
    私は希死念慮がかなりつよくなってしまったのですが、
    自分で死ぬより殺されるほうが楽でいいよなあとか思うタイプ(?)です。
    第一、人を刺すほどの勇気は今はないので、御安心を。

    > 本当の自分を見つけようとしたらいずれはこうなるしかなかった

    分かる気がします。
    って、こういう言葉が嘘くさいんだよな。
    なんて書けばいいんだろ、分かるぞ、とか、いや、違うか。
    とにかく、分かる気がします。
    私も目をつぶっていればよかったんです、いいこちゃんのままで。
    でも、それができなかった。壁にぶつかって痛いって泣いていたら、
    みんなが奇異な目で見るようになって、それで、今はこんな感じです。
    現在(00:34)はそれなりに落ち着いていますけれど、
    6時間くらい前は死んでやるって言って車のハンドルにぎって(助手席だったので)、
    右に左に動かして、本当にヤバかったです。たまにそんなんなります。
    明日も怖いです。いつ「死ぬ」ってなるか、
    もしくは「殺してやる」ってなるか。前者がつよいと思いますが。

    正直に書けるのはいいことですね。
    私は書こうとすればするほど言葉が出てこなくなってしまい、
    上辺をすべってしまいます。それがなんだか虚しいです。
    でも、やっぱり書くことは好きだから書いています。
    様変わり、私は嫌いじゃないですよ。

    私も、最近では滅多に他人の詩に関心がなくなったし、
    感動もしなくなりました。いや、関心はあるかもしれないけれど、
    心を打つ、心に響く、そういうものが妙に減った。
    できれば綺麗でありたいと願う。
    けれど、中身がこんなんなりましたので、
    汚いことも平気で言うし、書くようになりました。
    もしかすると、若干、
    一期さんとは〝汚い〟の意味合いが違うかもしれませんが。

    正直者はバカを見る、って、あれ、本当ですね。
    上にも書きましたが、痛いから泣いただけなのに変なやつだと言われて。
    そのうち、キチガイ扱いですよ。周りはみんなそんなんばっか。
    血がそうさせたのかと思ったけれど、違いましたね、育った環境だった。
    こういうこと、夜に書くとドーンと落ちるんですが、
    わりと強力な薬を飲んでいるので、まあ大丈夫かと思います。

    逃げた先はどうですか?
    無事ですか?
    素直に書いて、私は一期さんが生きていたことがうれしいです。
    お世辞とかそんなんじゃなくて、本心で、うれしい。

    今回も愚痴だなー。すみません。
    でも許されるとついつい……
    せめて、もう少し端的に書ければいいのですが、推敲の才覚なし。

    > 変な前向きさとか、あとできつくなるくらいだったらいらないとおもってる。

    真面目に勇気づけられました。
    以前、ポジティブを押しつけてきた人がいて、
    その人がヘタに近しい人間だったので断ることができず、
    洗脳みたいなことまでされたので、未だにトラウマ。
    たまにはネガティブでもいいじゃん、って思う。
    いや、まあ、どっちでもいいや(話がまとまらない、お許しを)。

    もうひとつのほうは、ほんとに感想です。
    というか、あれも愚痴か?
    だったら、本気で返信しないで下さいね。適当に流して下さい。
    あーーー、もうこれは新手の荒らしちゃんだな。

    けれど、

    > これはほんとうに楽しい時間だな。

    小躍りしました。
    お話できてうれしいです。では。

    Re: タイトルなし

    おー!長い!
    いや、自分に長い文章を書く人がいるとテンションが上がるね!おい!
    よく考えてみれば確かに、殺された方が楽だなっていう怠け心みたいなものもある。
    人の心は難しいね。自分のでもよくわからない。
    ともかく、同乗者共々無事に帰って来れたみたいで良かった。
    せっかく再会してお話しはじめたところで死にましたってなったらいろんな意味で残念だし寂しいよ。

    すべって虚しくなるはほんとによくわかる。
    すべって虚しいの繰り返しだよ。すべって虚しいことについて上手く書けたためしがないけど。
    確かに、感動が減った。裏を読むようになってしまった。
    言葉がそのまま気持ちを表してないと、気持ち悪くおもうようになった。
    実を言うと、こんだけひねくれても、実のところは、昔から、子供のときから変わってないんじゃないかっておもってる。
    7歳か8歳くらいまでは本当に純粋でぼんやりしてたけど
    そっからあとは今の自分を隠してただけなんじゃないかとおもう。
    今の自分を見たら、中学生の自分は、かっこわるい、汚いって言って、嫌がるだろうとおもう。
    自分の本体がこんなやつだなんて信じたくないとおもう。必死に現実から逃げてるお年頃だから。

    逃げた先は無事だよ。周りからは無事だと思われてないことが多いけど多分無事だとおもう。
    喜んでくれる人がいるのを見ると生きててよかったなーとおもうし
    ほんとに大変だったんだよ生きるの。ほんとに大変だった。死にそうだった。
    でもなんか、これで、大変だったのも報われるような気がする。
    誰かが話かけてくれて、生きててよかったと言ってくれただけで
    報われる気がしたりするんだから、おかしいよね。

    たまにはネガティブになるのもいいとおもうよ。
    ポジティブな人間ばっかりの世の中とか怖いよ(笑)
    そんなこと考えてたら
    やたら元気でマッチョなお兄さんがビキニ一丁で走り回っているアメリカとかが頭に浮かんで来た。
    おもしろいけど怖い。

    わああシビア絶対支配下の自分のモノ思い通りに成って当たり前だから手を考えず先ず怒ってしまうのよね許されたでしょ?猫息子共によくやってたのちに手も考えたけどでも切れてたそのくせいっつもヤだヤだ言って甘い人にも友達にはイイ・・

    最後には家に入れるけど何回もそんなこと繰り返して毎回家に入れないみたいになってました(笑)
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。