上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    人とはなすのはおもしろい。ぼくは人とはなすのは怖いけど
    人とはなすと内側に敷き詰められた石みたいなものを
    一瞬覗き見ることができる。
    焼けた石や欠けた石やひびが入ったのがほとんどで
    きれいなまるっこいのは少ない。ここが川原だったら
    飛び石は拾えない。だれかには、おれの中に敷き詰め
    られた石も見えるんだろうか。敏感な人たちはやってくるたびにぼくに
    さわって痛みを感じるっていう。たしかにぼくは静電気持ちで
    車のドアにいつも感電する。冬場は服を着替える
    たびに髪が逆立って、同じ性質の母さんに
    触ると火花が散って痛いから近寄れない。
    石は煮えたぎっていて壊れやすく、ほんとは芋のように脆い。

    ■ Comment

    No title

    一期さん、こんばんわ。
    (一期さんと呼ばせてもらってますよ照)
    それなら私も静電気体質なのかも。
    それでもって敷き詰められた石を覗きみるのが好き。
    たんなるM?!といわれるとそうなのかなとも(笑)
    昔は怖くてみられなかったのにな。
    綺麗なものも汚いものも知りたいって今は思う。

    No title

    わたしは、もしかしたらなんだか違うかもしれない。と一晩なんだか考えていたのだけど。
    痛みを感じるというよりは、なんだろう、ひとつの確かなものへ向かっている直線、のようなものを感じるかも。
    (いつもこう、言葉が下手でうまく説明できなくて、本当ごめん/苦笑)
    でもそれって、痛み?(過去?)の上に成り立っている(出ている)直線なのは確かだと思うから、やっぱり違う何かを感じているのかも。(と、今書きながら思った)
    もうちょっといろいろ感じて、少しくらい伝わるように勉強しなおさなきゃだめだねこりゃ/笑
    おいしい焼き芋食べたいです。

    ももさん

    はーい、こんばんはー!
    おお、ちょっと塚本さんより身近になった感じがする。
    静電気体質ってことは、ももさんも痛い目に遭ったり人を痛い目に遭わせたりしているんだろうか。
    静電気って持ってるだけで、無意識に感電するからね。
    人の心って、本人が見せたがってる部分と、見せたがってない部分があって、見せたがってない部分が見えたとき、ほんとうの自分とその人がわかる気がするよね。
    どんなに裏表が無い人間といっても、ほとんどの人は、人に見られたくない何かを持ってるもんだとおもう。
    最初から便利なように、自分の見せたがってない部分を、人から見えるようにしておくにはどうしたらいいかいつも考えてる。
    でも意識しすぎると、やっぱり見せたいようにしか見せないように自然にやってしまうんだ。

    つばきしゃん

    一晩も本気で考えたのか。ほんとうだったら尊敬する。
    そういえば、二年くらい前にここを見に来てくれてた人も、「直線」みたいなことを言っていたなあ。その人は痛いとも言ってたし、直線というかまっすぐな棒で折れやすいみたいなことも言ってたし両方言ってた。
    それが過ぎるとせっかく友達ができてもすぐに嫌われることになるんだ。
    ここにいい例がいるよ。あなたは折れやすい棒だ、って言って友達になってくれたその人は、それがあまりにもまっすぐで折れやすいことに辟易して嫌になったんだ。

    それにしても鋭い観察眼だね。
    きっと痛いことがなにもなかったら、なにもしてないとおもう。
    どこにたどり着こうとしているのかといったら、痛いことは一生無くなりようがないということに気がついた後でも痛いときは痛がり続けるみたいな状態にたどり着こうとしてるのか。
    昔、あまりにも自分に嘘をつきすぎて、どれが嘘かわからなくなった。芝居して生きたりもしてた。芝居してることにも気付かなかった。その上自分だけがかわいそうな人間になってるつもりだったんだ。そういう誰もいい思いをしない状態から抜け出した後、徹底的に自分をごまかさない実験をはじめたんだろうとおもう。
    それをなんとなく感じるということが言いたいのだったらだいたい当たってる。
    おいしい焼き芋って、意外と滅多に食べられない。
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。