上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    生きてると時々、そこにいない人の声がするときがあるんだ。
    小さいときには耳の中に小人の声もしてたけど、いつのまにか聞こえなくなった。
    すごく早口で、いつもなにを言ってるのかわからなかったけど
    この間は小さい女の子の声がきこえたんだ。
    死になさいって意味の言葉を言ったようにきこえた。
    人は時々、死になさいって意味の言葉を言うときがあるよ
    たいていはおこってるとき、それから、パソコンの前にいるときは
    王様みたいな気分になりたくて、言うときもある。
    ぼくは母さんにも恋人にもきょうだいにも言われたことがあるし
    知らない人にも言われたことがあるけど、そのときはすごくいろんな気分がしてわけがわからなかった。
    でも、はっきりしてるのは、それはあんまりなりたくない気分ってこと。すごくいやな気分になるんだ。
    でもその女の子にいわれたときは、すごくいやな気分にはならなくて変だった。
    近い未来に死ぬのかもしれないとか、魔法みたいなことを考えたよ。だって
    その女の子の声は、そこにいない人の声だから
    ぼくらはそこにいない人の声をきいたりすると、未来のことを言いにきたのかとか、なにかをわからせにきたのか、とか、いろんなことを考えるんだ。10/11

    ■ Comment

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。