上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    2011年10月26日の夜死んだ。
    猫のイチゴ。
    2002年8月の夜、ゴミステーションに捨てられている袋が鳴き出したから見に行ったら
    袋じゃなくて小さな白い猫だった。
    そこから8年と8ヶ月暮らした。
    仕事の都合で引っ越すことになった。猫と暮らすのが禁止だった。
    早く違うところへ行くことにした。少し遠いところになったけど、
    そこで、許可を取って、迎えにいくことにした。
    その間は実家で母さんが面倒を見てくれた。

    母さんは2011年10月26日の夜、イチゴを外に出したまま仕事に行った。
    帰ってきてからイチゴが道で死んでるのを見つけた。
    母さんは2011年10月27日の午前0時14分に受話器を手にとって番号を打った。
    それから叫んだり泣いたりした。
    車に轢かれて死んだ。あんなことするんじゃなかった。と言ったりした。
    それをきいてた。

    電話が終わって、すぐに時間が経った。
    一瞬だけ叫んで泣いたあと静かになった。
    それからずっと思い出したことを喋ってた。
    2回鐘が鳴ってるのが聞こえた。
    一人で勝手にずっと、イチゴの話をした。耳の中がびしょびしょになった。

    拭いても拭いてもびしょびしょになった。
    鼻水も出た。
    寝苦しかった。猫を抱いてる真似をしながら寝た。
    夢を見た。イチゴはいなかった。
    たくさん猫がいたけど、子供のうちに死ぬ猫や、いろんな死に方をする猫がいて
    それを見ていた。

    朝、だんだん目が覚めてきた。猫の真似をした。
    平気だとおもった。
    布団から出ると、駄目だった。
    喋れないし、顔がゆがんでしばらく元に戻らなかった。

    2003年自分が死ぬ前に、人に伝えたいことがあるとおもって、なにか書き始めることにした。
    ペンネームを決めようとおもって、横にいた猫の名前を自分につけた。

    一期
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。